外国人技能実習生受入制度とは

外国人技能実習制度は、発展途上国の若者を一定期間日本の企業で受け入れ、実際の業務を通して実践的な技術・技能を修得してもらい、帰国後にその国での産業発展・経済発展に寄与する人材育成を目的とした制度です。
この制度は、技能実習生へ日本の産業・技術・知識の移転を図り、各国の産業発展・経済発展に寄与する人材育成を目的として、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

技能実習生受け入れのメリット

人材を確保できる

技能実習生の受入が可能な職種・業種には、現在人手不足が深刻な問題となっているものも多く、労働力としての外国人技能実習生の存在を期待できます。
定められた期間(3〜5年間 ※職種・業種による)は、技能実習生も重要な労働力の担い手となりますので、外国人技能実習制度を上手に取り入れることで、業績向上・利益向上に結びつくことも可能です。

採用に関して

日本国内で新人を採用するとなると、採用にかかるコストに加え入社後には多額の教育費をかけても、1〜2年程度で離職してしまうケースも珍しくありません。
外国人技能実習制度で雇用した実習生の雇用期間は3〜5年間と定められていますが、本国に戻ってからも技術や知識を活かして活躍する夢を抱いて日本に学びに来ている若者達なので、高い意識を持って仕事に就いています。
受入までに多少時間がかかることや書類作成の手間はありますが、その代わりに募集・選抜は送出機関や監理団体が行い、入国後、実践的な研修を受けた実習生が即戦力となります。

社内が活性化する

日本の技術を習得するという目的意識を持った技能実習生を受け入れることで、既存スタッフにとっても、業務内容だけでなく伝わりやすい日本語コミュニケーションを心掛けようとする意識が生まれてきます。
そのため、報・連・相が徹底されることにつながり、「社員の責任感が強くなった」「スタッフ同士のコミュニケーションがよくなった」という意見が出ることがよくあります。

作業工程の見直し

技能実習生を受け入れるために、作業工程の見直し・マニュアルの作成・働くために必要な基本ルールの作成が必要となります。
作業工程やマニュアル、ルールの見直しや新たな作成が作業効率の改善に直結し、社員のモチベーションを向上させることにもつながります。

国際貢献・ビジネスの拡大

外国人技能実習制度は政府が後押ししている制度であり、日本と友好的な諸外国からの人材を育成することを通じて国際貢献につながり、国際交流・貢献を行っている企業として地域でのイメージアップを図ることができます。
また、技能実習生の母国とのつながりが出来るため、海外展開を考える際の重要な判断基準にもなります。

受け入れの流れ

①お問い合わせ:

②お見積・お申込み:

③送り出し機関への条件送付・選考:

④講習実施予定表の提出・入国前講習:

⑤空港出迎え・入所:当センター職員が空港にて技能実習生を出迎えます。
    ※送迎をご希望の場合は別途料金がかかります。詳しくはお問い合わせください。

⑥開校式・オリエンテーション:

⑦行政手続き:当センター職員が行政機関にて手続きを行います。

⑧講習:技能実習生は約1ヶ月の講習を受講します。

⑨閉校式⑩退所:講習期間終了後、閉校式を行い、当センターを退所すると実際に業務を行う企業様にて業務を開始します。

また、講習期間終了後も実習生の日本語力の更なる向上をご希望の場合は、日本語講師の派遣を承っております。 ご要望に応じて出張レッスンも可能となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。(※別途料金)